4大疾病,精神疾病加入後成5大疾病

Posted 2016-06-16

4大疾病,精神疾病加入後成5大疾病…厚生勞動省

厚生勞動省於6日發表,原四大疾病癌症、腦中風、心臟病、以及糖尿病,將增加精神病加入組成「5大疾病」,用以採取重點的政策預防。

由於憂鬱症以及統合失調症的精神病患逐年增加,原本僅針對4大疾病進行防制,已經不符合現狀需求,必須採取重要政策。

厚生勞動省於該日,在社會保障審議會之醫療會議中,將精神病列入國家醫療政策的基本方針之一,承上所示,這個指標將會列入都道府縣地區醫療的基本方針之一,並用以規劃醫療計畫。

四大疾病在2006年就列入重點政策方向,同時各都道府縣也以此為方針,並為了減少診療醫院的負擔、減少病患,擬定了具體的預防措施以及對策。

醫療計畫5年會發表1次,下次預定於13年將針對都道府縣發表。

根據厚生省統計,2008年,糖尿病237萬人,癌症152萬人,對照起來,精神病患大約有323萬人以上。



原文如下:

4大疾病、精神疾患加え5大疾病に…厚生労働省

 厚生労働省は6日、「4大疾病」と位置付けて重点的に対策に取り組んできたがん、脳卒中、心臓病、糖尿病に、新たに精神疾患を加えて「5大疾病」とする方針を決めた。

 うつ病や統合失調症などの精神疾患の患者は年々増え、従来の4大疾病をはるかに上回っているのが現状で、重点対策が不可欠と判断した。

 同省は同日、国の医療政策の基本指針に精神疾患を加える方針を社会保障審議会医療部会で示し、了承された。この指針を基に都道府県は地域医療の基本方針となる医療計画を作る。

 4大疾病は2006年に重点対策が必要な病気として指針に明記。それを受けて都道府県が、診療の中核を担う病院の整備や、患者を減らすための予防策など、具体的な対策を立てた。

 医療計画は5年に1度見直され、次回は13年に予定している都道府県が多い。

 同省の08年の調査では、糖尿病237万人、がん152万人などに対し、精神疾患は323万人に上る。

(2011年7月7日01時59分  読売新聞)

 


關注、訂閱我們的 即時消息